女性

ランキングを見れば悩み解決|乾燥肌用化粧品もチェック可能

おすすめのボディーソープ

スキンケア

ちょっとした刺激に対しても、肌にダメージを与えてしまう敏感肌に多くの人が悩まされています。敏感肌では日ごろのスキンケアがとても重要ですが、特に毎日使うものには気をつけたいところです。入浴時に用いるボディソープもその一つで、肌に合ったものを選びましょう。まずは洗浄成分についてしっかりチェックを行いましょう。敏感肌におすすめの洗浄成分としては、アミノ酸系やグルコシド系の弱酸性洗浄成分がおすすめです。アミノ酸系洗浄成分では、ココリサルコシンナトリウムやラウロイルグルタミン酸と呼ばれる成分が代表的です。またグルコシド系洗浄成分では、カプリルグルコシドなどがあります。いずれも穏やかな作用で肌に優しい洗浄成分なのです。

敏感肌の人にとって、毎日使うボディケア商品は慎重に選ぶ必要があります。ボディソープもその一つですが、肌に合わないものを使い続けると刺激によって症状が悪くなってしまいます。ところで、ボディーソープなどに含まれる界面活性剤は肌に良くないといわれることがあります。しかし必ずしも界面活性剤が悪者ではないということは知っておくと良いでしょう。界面活性剤自体には毒性があるわけではないのですが、それが肌に残ってしまうと洗浄能力が失われないままになってしまいます。そうなると皮膚にある必要な角質までを洗い流してしまうため、肌のターンオーバーを乱し敏感肌を悪化させてしまうのです。肌に優しいアミノ酸系やグルコシド系ボディーソープにも界面活性剤が含まれていますが、刺激が少ない分上記のような作用は弱いのでおすすめなのです。