女性

ランキングを見れば悩み解決|乾燥肌用化粧品もチェック可能

症状に合わせて正しいケア

笑顔のウーマン

必要な成分を知る

ニキビ跡を治したい時には、どのような効能が必要なのかを把握します。そして、その効能を得るのに必要な成分を探すことで、化粧品選びが具体的になります。赤みや色素沈着の場合には一般的に美白化粧水と呼ばれるアルブチンやビタミンC誘導体の含まれる化粧品が有効であり、メラニン色素に働きかけて排出を促すことができます。凸凹タイプのニキビ跡にはピーリング化粧品が効果的です。成分としてはグリコール酸やフルーツ酸であり、弱い酸で皮膚の表面を溶かして古い細胞を取り除きます。炎症が治まりきっていない時には殺菌作用の高い成分が含まれている化粧品を利用します。炎症が落ち着かないと、お手入れ自体が肌の負担になってしまいます。

専用の化粧水も効果的

化粧水選びに迷ったら、ニキビ跡専用の化粧品を利用するという方法もあります。もちろん専用の化粧品でも自分の症状に合わせて選ぶことが大切なのですが、中には一つの化粧品で幅広い症状を効率良く解決してくれるタイプもあります。ニキビ跡専用のタイプは抗菌作用も強いので、新たなニキビができないようにという予防も同時に行えて一石二鳥です。また、セルフケアで大抵は良くなりますが、長い期間お手入れをしていても一向に良くなる気配が無い時には皮膚科を受診することも大切です。専門のクリニックに通えば、個々の症状に合わせた適切な処置が行われますので、短期間のうちに元の肌に戻すことができます。保険適用なら費用もそれほどかかりません。